建設業の許可と種類

建設業法上、建設業とは元請け下請けその他いかなる名義をもってするかを問わず、
建設工事の完成を請け負うことを言います。


建設業を営もうとする者は軽微な工事を除き、建設業の種類ごとに
大臣又は知事の許可を受ける必要があります。


軽微な工事とは1件の請負代金が消費税込みで500万円未満の工事です。
建築一式工事の場合は、150㎡未満の木造住宅の工事又は
1件の請負代金が消費税込みで1,500万円未満の工事です。


1件の請負代金が500万円未満になるように1つの工事を2以上に分割して請け負う
ときでも、請負代金の合計額が1件の請負代金となります。


なお、建設業法は日本国内のみで適用を受ける法律であり、
外国では適用されません。