建設業法の目的

建設業の目的は発注者の保護、もう一つは建設業の健全な発達の促進の
2つが挙げられます。


そして上記の目的を達成するために次の2つの手段が設けられています。
その一つが建設業を営む者の質の向上です。
具体的には建設業の許可性や技術検定制度があります。


2つ目に建設工事の請負契約の適正化です。
具体的には請負契約の原則の明示、契約書の記載事項の法定、
一括下請負の禁止の制度等があります。


これらのほかにも、建設業法の目的を達成するために、
建設工事紛争審査会の設置、建設業者の経営事項審査制度並びに
建設業者及び建設業者団体に対する指揮監督の制度があり、
単に建設業者に対し指導監督を行うだけではなく、積極的に指導育成し、
建設業の健全な発達を促進することを目指しています。